Tuesday, September 23, 2008

借り物の機を使って

貸していただいた八枚そうこうの古いテーブル機を使ってカシミアのスカーフを作っています。

実は7月末か8月半ばまでに作るとお約束していたものなんですが、催促のメールをいただくまでぐずぐずしていたものです。組織はShadow Weaveで、縦横に二色ABABと交互に入れていくものです。

グレー二色を使ったら織っている間、洗っている間柄が何も見えなかったのですが、アイロンをしたらなんとなく葉っぱみたいながらが出てきました。

このテーブル機は意外と背が高いので明日から台所で立って織ります。

Tuesday, September 9, 2008

Red GalleryのJay Farmsworthに卵をもらいました。いろいろな種類の鶏の卵だそうです。2個は茶色くてグレーのターコイス、2個はもっと水色に近いターコイスで。いただいたのはみんな普通の卵の60-70%くらいのサイズですが、日によっては普通の大きさの卵も生むそうです。黄身はオレンジに近い黄色だそうですが、綺麗で可愛くて、もったいなくてまだ食べられません。

カード

以前機の調子が全然おかしかった時、何かに使えるだろうと思ってきちんと織れた部分はとっておきました。

何人か美術館関連の方にお礼のお手紙を書かなくてはいけないので、昨日市販の窓開きカードを探しに行ったら、窓が大きすぎて、手元の切れ端ではカードが2枚しか作れないことを発見。では自分でカードを作ろうと厚めの紙を買ってきたのですが、昨日の午後は大嵐で電気をつけてもなんだか薄暗く、加えてカッターの刃が古かったのか、窓はギザギザ、中央に位置していないという悲惨な結果になってしまいました。しかも同じ色の封筒も、それを作る薄めの紙もなかったので、白い普通の封筒を買うはめに。

でも厚紙と緯糸の色がドンピシャなので、実物は写真よりすっきり素敵に出来上がりました。やれやれ。