プロフィール

こんにちわ。ニュージーランドのネルソンで手織のショールを作っている中川恵です。

毎日の生活の中で綺麗なものを見たり、大好きだったのに忘れてしまった歌を久しぶりに聴いたり、美味しそうな匂いを嗅いだりした時の嬉しい、楽しい記憶を一枚一枚のショールに閉じ込めて織っています。 ショールを羽織ってくださる方にも同じように、嬉しい、楽しい記憶をたどっていただけたら本望です。

私が子供の頃、母はいつも洋裁、編物、刺繍をしていたように記憶しています。そんな母が時折、「私はいつか編物も刺繍もやめて、手織りをするの」と夢のよ うな話をしていたので、手織りが悲しくなるほど素敵なものだと思うようになりました。母は末っ子が大学に入ったのを機に、私はその5年後に手織りを始めました。

横浜生まれ。
幼少・学生時代を横浜と米国ミネソタ州・アリゾナ州で過ごす。大学では言語学・英国文学専攻。
日本帰国後英会話教師、翻訳・通訳、コンピューター、イベント関連に従事。
1994年よりニュージランド・オークランド市に、1996年よりネルソン市在住。

出展した展覧会
"Beginnings"、ネルソン、ニュージーランド、2012
地元の知人4人と一年半かけてグループ展を開催しました。 
"Bye Bye, Blue Eyes"、ネルソン、ニュージーランド、2008
テキスタイルの小さなショップから個展をしないかと持ちかけられて、二度目の小さな個展をしました。
"Craft 08"、ネルソン、ニュージーランド、2008
"Culturally Routed"、ネルソン、ニュージーランド、2007
"Re:Fine"、ウェリントン&ネルソン、ニュージーランド、2007-08
"Sea, Sand and Sky"、ネルソン、ニュージーランド、2007
私の初めての小さな個展を地元の小さな画廊で行いました。

出席したワークショップ
2011年: Maryanne Stamford (オーストラリア) によるブロック織
2006年: Randall Darwall (アメリカ) による「美しいスカーフを作る」
2002年: Bonnie Inouye (アメリカ) による多綜絖織
2001年: Kay Faulkner (オーストラリア) によるダブル織