Tuesday, December 27, 2011

ただいま

一週間前に帰って来て、木曜日にクリスマス・ランチに出かけた以外は暑さ(最高は27度くらいなんですが)と灼熱の太陽のもと、ボーっとしていたら、いつの間にかクリスマスもすぎてしまいました。

日本にいた時は主に母の手伝いをしていたのですが、二人で一緒に糸遊びもしました。これは無媒染で庭のザクロの実で染めたもの。ブークレはカシミア100%で母が準備しました。もう片方は私が準備した細いメリノなのですが、洗い方が悪くまだら。
当初メリノで経糸、カシミアで緯糸で織るつもりでしたが、以前母がやはりザクロで染めた糸やら、それで織ったものを引っ張り出した結果、以前染めたウール(おそらくPolwarth)とカシミアのブークレを交互に入れた経糸と、カシミアだけの緯糸にしました。(色が悪いのですが、一応載せますね。)
空いていた機がリジッド・へドルしかなかったので、60cmの幅をフルに生かして平織に。とても個性のない当たり前のものができましたが、軽く柔らかいので白か水色だったら天使の羽のような感触ですが、Polwarthが「しっかり感」を出しています。この色は下手に使うと汚い感じになりそうですが手持ちの洋服の色に会うので重宝しそうです。
12.5EPI。当初経糸をだいぶだらしなく巻いてしまったので少し長さを犠牲にしましたが、 今回の旅の記念品としては上出来だと思います。
こちらは三年前二人ででたらめ経糸の実験をした後母が自分のために織ったものです。軽くて暖かいだけでなく、何となく私が織るものより厚みのある感触が素敵です。けっぱちょっ。

Thursday, December 15, 2011

ミニ作品展

今年最後のレッスンということで、皆さんにお気に入りの作品を持っていただきました。もうじき二年の織暦だそうです。
Eさんのノッティング。
Eさんの着物とおそろいの絹の裂き織。はじめはバッグを作る予定だったそうですが、織りあがってみたらとても切れなかったので壁飾りになさったそうです。
Tさんのノッティング。先生(母)が好きなんだか、皆さんがお好きなんだか、ノッティングが沢山。
Tさんの最新作のタペストリー。実は暗い色の壁にかけたほうがずっと素敵なんです。先回散々皆で討論・実験しました。
Tさんの一番お気に入りのスカーフ。今年忘年会に着ていってから、来年早々恐る恐る洗われるんだそうです。
Yさんのノッティング。母のお奨めの方法で額に入れてもらいました。
そしてYさんの壁掛け。昔母がインドで買ってきた、布を見せるためのハンガー(??)に掛けて。ひどいバックをお許しください。

皆さん今年一年ご苦労様でした。来年もがんばって。

Wednesday, December 14, 2011

まだ居ます

三週間のはずだった旅行、主人は一週間延ばして先月末に帰国、私はもう少々居ます。その間母の生徒さんたちにもび何回かお目にかかり楽しいお話をすることが出来ました。今日の午後は今年最後のお稽古だそうで、なるべく邪魔をしないように心がけていますが、女が数人集まって、静かに織をしているのに、私が黙っていられるわけがありませんよね。その件は又あとで。

これは今朝の両親です。