Saturday, August 5, 2006

作品を扱っていただくということ




ドキドキしてしまって自分で見に行く勇気が無かったので、初日の今日、主人に見に行ってもらいました。嬉しくて、ちょっと恥ずかしくて、そして、レッド・アート・ギャラリーに見合った良いものを織ろうと決意新たにした土曜日でした。

(ギャラリーの中は多少暗いので写真がぶれてしまったのですが、主人曰く「暗いから余計に(作品が)良く見えた。」そうです。)

No comments:

Post a Comment

コメント大好きです。ありがとうございます。