Monday, December 14, 2020

退職祝いに化けたブランケット

大分前から大人用のブランケットの依頼がありました。私のノロノロ織にとても慣れている方で、今までのご注文品は大抵2・3年待ち。その代わり色、繊維、組織などにもふんだんにご要望のあるお客様。「終の棲家」を建てられたので、リビングに合う大人用のブランケット、「このような色で」とわざわざクッションカバーまで送ってくださいました。
 
色、繊維、柄など時折考え、縦糸はクッションカバーからほぼそのままとって取り寄せてあったのですが、昨年の象さんがうまく行ったので似た要領でロックダウン中試織開始。色もドンピシャだし、お住いのオークランドは寒くならないのでメリノの細-い糸で軽ーく。。。うまく行ったと思ったところでサンプルの写真をお送りしたら、「紫は大嫌い。」の一言。実は紫は入っていないのですが、マリンブルーが写真に撮ると紫っぽく見えてしまいます。でも縦糸は充分あるから、作品にしてしまえとまず一枚目。ホットピンクの横糸で。
これを織っている最中昔の同僚から「紫のショールなんて1週間でできる?定年退職のお祝いなんだけど。」と問い合わせ。いつもでしたら大笑いの「X 」で終わってしまうんですが今回に限り、「偶然、図らずも、珍しく、できちゃう!」とお返事。縦横同じメリノの色違いです。Pauaと呼ばれるNZのアワビの貝殻は内側が青・緑・ティールの波打つような柄で装飾品として人気がありますが、これもパッと見てPauaを思い起こすものになりました。
 
ブランケットの試織で相縦糸を使ったので三枚目は取れないだろうと思いつつ、どうしても面白かった色のコンビで織ってみたいと思ったら、小さいスヌードの分が取れました。ショップに載せたら織大先輩のVermontのRubyが「面白い!」とご要望。でもねえ、実は交換ということで二年半前に一本いただきっぱなしが気になっていたんです。それでめでたく交換成立。
 
私は(エヘン)頭が大きいので一度しか巻けませんが、Rubyは上から下まで細身なので二度すっぽり。もうほんの少し長ければほとんどだれでも巻けるんじゃないかな。

No comments:

Post a Comment

コメント大好きです。ありがとうございます。